鳴門 G1 大渦大賞開設65周年記念競走 5日目(2018.10.05)

鳴門 G1 大渦大賞開設65周年記念競走 5日目(2018.10.05)

こんにちは。

10月も「ボートレース強化月間」を継続致します。

こちらのページでは、ボートレース鳴門で開催される「G1 大渦大賞開設65周年記念競走」の全レース予想を行います。

なお、基本的には解説はありませんのでご承知おきください。

(※注目ポイントなどは解説を記すことがあります。)

予想の考え方、組み立て方は以下のリンクよりご覧いただけます。

http://kyotei-boat.com/2017/01/05/tenkai-yoso/

また、ボートレース鳴門の水面特徴は以下の記事から御覧ください。

http://kyotei-boat.com/2018/10/05/post-244/

1R

1-34-2346 / 4-13-136 / 1-6-35 / 5-1-26

2R

125box / 1-34-3456 / 1=5-26 / (穴)2-13-46

3R

234box / 2=4-16 / 1-246-246

4R

125box / 1-245-245(1-2=5重複) / 1=5-26 / 4=2-35

5R

1-256-256 / 1-3-46 / 2-15-156

6R

1-24-2346 / 3-14-1246

7R

1-246-246(1-4=6重複) / 146box / (穴)6-12-124(6-1-4重複)

8R

123box / 1-23-2346(1-2=3重複) / 1-5-26

9R

135box / 1-45-245 / 1-3-24

10R

当地で行われているSGで2年連続で優勝している石野選手が相性の良さを見せ、圧倒的なレースで逃げ切る。地元の山田選手は差しに構えてどこまで伸ばせるか。それよりも外を回って追従の機力万全、田中選手のほうが怖い存在である。見せ場を作っている井口選手、木下選手も差して3着競りへ。

1-23-2345(1-3-5重複) / 2-1-46 / 135box / 2=3-15

追記:3=5-6を穴目で抑え。2-1-46,2=3-15の優先度は低めで。

11R

地元水面で慣れ親しんだ鳴門で、ここは危なげなく逃げ切るか、田村選手。2着以下が混戦。機力で抜けている選手も不在であるため、展開を捉えるのがうまい森高選手やスタートで展開作る徳増選手あたりが絡んでくるか。

1-34-346 / 3-14-1246

12R

最近の圧倒的な強さは、毒島時代の到来かとまで思わせるほど。ここはイン戦の安定感はずば抜けているので、ここは安心して1着に推したい。機力良い湯川選手は、差し構えで挑むが、毒島選手には届かないか。逆転があるとすれば鳴門の3コースで好成績を残している佐々木選手。捲りきってしまえば大穴提供か。ここは注目したい。佐々木選手の攻めに連動して鳥居塚選手は差して追従。吉川選手は展開次第。

1-24-2345 / 3-124-124 / (穴)3=5-16

#14 鳴門カテゴリの最新記事