【#24 ボートレース大村】大村競艇の水面特徴

ボートレース大村(大村競艇)

水面特徴

1コースの1着率はNo.1

ボートレース大村の最大の特徴は、何といってもインコースが強いことです。昔は満潮の時に強いと言われていましたが、最近は干潮でもインコースが強いシーンが見受けられ、インコースの1着率は60%オーバー(全国のインコースの1着率平均は50.9%)、3連率は75%を超えています。風向きも影響し、追い風がスロースタートのインコースには有利という点も勝率を上げる要因のひとつです。

特にトップレーサーが集まるSG競走ともなればスタートも横一線のスタートになりやすく、インコース優位の傾向に更に拍車がかかってきます。インコースを度外視した舟券はよほどのこと、例えば1号艇の起こしが悪かったり、スタートで立ち遅れる可能性があるケース以外は無謀と言っても良いと考えられます。

2マークは「差し」を得意とする選手が有利

もう一つの特徴は、2マークの出口のうねり。2マーク側の防波堤の下部が開いており大村湾と繋がっているため、目に見えにくい独特のうねりが発生するので、2マークはキャビテーションを起こしやすく、ツケマイがほぼ効きにくい状態になります。まくりを選択してもほとんどのケースで流されてしまい1着争いどころか3着争いに巻き込まれてしまいます。2マークの攻略は「差し」が定番となっています。

しかし、この差しも先行艇がターンミスして旋回が流れてしまう、艇がバタついて遅れるなどのミスでもない限り、1周2マークでの逆転劇は、難しい展開がほとんどです。特にSG競走、GⅠ競走といったA1級選手ばかりのハイレベルなレースであれば、よりこの傾向が強くなります。

1周2マークを真っ先にターンできる艇が1着を取る可能性が高くなり、追走する艇が差しを選択した場合に2着確保できる、という展開も1周1マークで先行しやすい1コースの艇の勝率を上げる要素にプラスに働いています。

スタート勘を掴んだ選手が有利

スタートに関しては、「大村はスタートが難しい」という声を聞きます。目標物が無い、風向きが変わりやすい事が主な原因で、スタートが慎重になる選手が多いようです。判断材料の一つとしては出走表等のその節のスタートタイミングを見て、その選手がスタート勘を掴んでいるかどうかがひとつの目安となるでしょう。

スタート後の1周1マークの展開としては1号艇の「逃げ」に対して2号艇が「差し」、3号艇は「まくり」か「まくり差し」、その状況を見て4,5,6号艇は差しか外マイの選択となります。
また4号艇(4コース)のカドがスタートを決めた際に、スタートで出切ってしまえば「まくり」、内側の艇が伸び返すようなら「まくり差し」での頭狙いというケースも出てきます。

まとめ

・インコースが圧倒的に有利
・差しの得意な選手は要チェック
・直前展示でスタートタイミングを見ることをお忘れなく

ボートレース大村は、インコースが圧倒的に有利なボートレース場になります。ですから、基本的には1コースを軸に考えて予想を組み立てましょう。しかしながら、スタートがあまりにも合っていない選手や、出足系統が弱そうな選手は優先度は低くしても構いません。ぜひ参考にしてみてください。

全国24場競艇場の水面特徴カテゴリの最新記事