ボートレースでよく出る!穴配当になりやすい出目!

ボートレースでよく出る!穴配当になりやすい出目!

こんにちは!
競艇予想屋「ゲンさん」です。

この記事では、タイトル通り、ボートレースを長年見てきた私が、この出目はよく出る、そして配当面でも期待できるものをお伝えし、解説する記事になります。

基本的には1コース有利

ボートレースは基本的に1コースの選手が一番有利なスポーツです。
それは、一番近いところで1マークを回ることができるのが1コースの選手だからです。
なので、予想の組み立てでは、1コースからの選手を軸に予想する方が多くいるかと思います。

なお、今村暢孝選手や、西田靖選手、すでに引退してしまいましたが、大嶋一也選手など、どこの枠番からでもインコースを狙ってピットから出てくるのは、インコースが有利だから、ということがあります。(もちろんこの選手たちはインからのスタートがスタイルでもあります)
こういう選手がいるときは、1コース絶対有利という定石は崩れ落ちることになります。

さて、いわゆる「イン屋」がいないレースでも、『とあるメッセージ』を読み取れば荒れるレースを予想することができます。
もちろん、百発百中というわけではありませんが、穴目のレースになる可能性があるものに関しては、的中する確率もあがってきます。

「あー、またこの目がきたか」と思ったことはありませんか。
そのような目が出るときはどういったメッセージがあったのか、それを解説していきます。

もちろん、絶対にこの目がくるというわけではなく、1マーク過ぎた段階でこの形になりやすいというものです。
なので道中逆転などは考えてはおりませんのであしからず。それではいきましょう。

3=4-56

この目はよく目にするかもしれません。
1,2コースが遅れるなどして、3コースの選手が攻めて内枠を飲み込み、3コースまくり、4コース捲り差しで外枠勢もそれに続く形です。この出目のポイントとしては、センター勢に機力が良い選手がいる場合は要注意です。ただ、女子選手の捲りは内枠が残ることが多いので、一概にこのパターンに当てはまるかと言われるとそうではありません。

・3コースの選手の機力をチェック!
・女子選手の捲りは内枠が残る可能性大

2=3-46

この目は、2パターンあります。
1つ目は、1コースが遅れた場合に、2コースからまくっていく形のとき。
1が遅れて2が捲り、3が差しハンドルで突き抜けという形。展開的に3着付けは外を回る4、最内差しの6に。
これは、山崎智也選手なんかが2コースにいると狙っても良いかなという形です。

2つ目は、「3=4-56」のときのように内枠が遅れた場合で3コースが外を強襲するとき。
2コースの選手はそれを見越して早めに差しハンドルで残す。そうなると、2=3陣形が完成しますね。
3着は先程と同じです。

・1コースが遅れる可能性があるかどうか
・3=4-56陣形だが、2コースが差し得意、実力者かどうかを見定める

4=2-35

この目のカギは3コースが握っています。3コースの選手がスタートが遅れそうな場合、4が捲っていくという条件になります。2としては3が凹んで壁がない状態、4が伸びてきて捲ってくるのが分かった場合、自分は残ろうと早い段階で差しを構えます。4としては、1が抵抗してくることが考えられるので、そこをうまくかわせれば4-2が、かわせなければ2-14になります。抵抗する姿勢を見せる場合、1は沈んでいく可能性が高いので4=2となるわけです。3着は4の攻めに連動して5、捲られながらも外を回る、もしくは差して2に追従の3が候補となるわけです。この目は実力関係なく、冷静にレースができる選手であれば出ますので、高配当につながりやすいです。

・3コースの出遅れ
・2コースがある程度の実力者かどうか

3=5-6

このパターンは、内枠が遅れそうで3が攻めていきそうな場合に出ます。1もそうですが、それよりも2コースのスタートが重要です。ここが遅れそうな場合、3が捲っていき、1がスタートいっていたとしても抵抗し沈む、というパターン。このままだと4がきて3=4になりそうなものなのですが、そこの出目の違いは、5コースの機力と、5コースを走る選手の過去の成績です。5コース巧者の選手が5コースにいる場合、4の動きを見て差しと捲った3の間をうまく展開をついてきます。機力がある場合はこのまま突き抜けて5-3隊形になります。また、4のスタートがあまり行けていない場合は、その上を叩き、3=5となるのです。そうなると3着は最内を差してくる6コースになります。

・2コースが遅れそうかどうか
・5コースの機力と、5コース巧者かどうか
・3コースの選手が攻める選手かどうか

1=4-6,1=5-26

この出目は大穴というわけではないのですが、高配当になりやすい出目ですので解説していきます。
この2つはなるべくセットで買うことをおすすめしております。
さて、この形は4コースがスタートを明らかに攻めていく場合に有効です。
4コースがスタートを決めて捲り差していく場合、4=1の形に。展開的に大外が一番見極めて差していきやすいので3着を6コースとなります。
1=5の形は、4が攻めていき1が抵抗した場合にできます。
ターンマークが少し外れてしまった場合は5-1、うまく抵抗できた場合は4の攻めで展開がある5が2着にというような形になります。
3着はこちらも展開を考えて2と6です。

・4コースが攻める選手かどうか
・3コースの平均スタートタイミング

まとめ

ボートレースは実力差があるとそのとおりに決まることも多々ありますが、それと同じくらい大切になってくるのが「展開」です。展開によっては実力差関係なく、1マークで決着することがあります。ただ、この出目は1マークを過ぎた段階での話になります。あまりにも実力差がある場合、道中での逆転はよくあることですので、この出目を参考にしながらも、実力、機力も考えてアレンジした出目を購入していただければ幸いです。
</ br>

競艇の見方カテゴリの最新記事