【#06 ボートレース浜名湖】浜名湖競艇の水面特徴

ボートレース浜名湖(浜名湖競艇)

水面特徴

浜名湖は2コースから5コースを狙え

全国の競艇場の中でも1、2を争う広い水面のボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)。水質は海水と淡水が混ざった汽水ではあるものの、水門でほぼ遮断されているので『海水』と思ってもらっていい水面。潮の流れはほとんどなく、干満の差もほとんどないので広大な競走水面でのスピード合戦にほぼなります。
全国平均に比べて1コースの勝率が低いのは、広い水面と静水面を生かした「全速まくり」や「まくり差し」が幅を利かせるからです。1コースの勝率が低い分、2コースから5コースまでの勝率に上乗せされています。ただし、6コースまでいくと逃げの選手などが遠い存在になってしまうので勝率は低くなります。6コースの勝率が低いのもボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)の特徴と言えます。

2コースまくりも特徴

競艇で2コースの選手が1周1マークで「差し」を選択するのが、一般的な定石ですが、ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)の場合は2コースからの「まくり」もちょこちょこ飛び出して決まるケースが出てきます。2コースまくりの勝率は、全国平均では4.1%なのに対してボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)は5.6%になっています。
決まり手が「まくり」になる確率は、全国平均では15.3%なのに対してボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)は16.3%なのでかなり高い確率で「まくり」が決まります。逆に決まり手が「差し」になる確率は、全国平均では15.5%なのに対してボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)は14.3%なのでかなり低い確率になっています。
ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)の場合、まくり差しも高確率で飛び出すので少々強引でもスピード重視の全速戦が得意な選手じゃないと厳しい水面と言えます。

浜名湖の風の影響は通常とは異なる?

一般的には、追い風の場合、スロースタートでもダッシュが着くので逃げが有利。逆に向かい風の場合、スロースタートだとダッシュが付きにくいのでセンターからアウトのダッシュ勢が有利となっていますが、ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)の場合は、この定石は当てはまりません。
追い風の場合、3コースからの「まくり」が決まりやすいと言われています。また、向かい風の場合には、5コースからの「まくり差し」の確率が高くなっています。ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)の場合、少し強引でも1周1マークを先行して攻めた艇が残りやすくなるので追い風、向かい風に関係なくスタート巧者、全速ターン巧者に有利な競艇場と言えます。

まとめ

・広い水面と静水面で攻めのレースができる
・2コースまくりも決まる、全速戦
・追い風でも3コースまくりが決まる

ボートレース浜名湖は、攻めのレースが見れる面白みの多いボートレース場です。全速戦を得意とする選手にはもってこいです。どこのコースからも攻める姿勢がある選手は要チェックしておいてください。ぜひ参考にしてみてください。

全国24場競艇場の水面特徴カテゴリの最新記事